キャンディーチーズを与える時のひと工夫!

タンパク質やカルシウムなど、栄養価が高いキャンディチーズ。

手軽に栄養が補えるので、お食事やおやつなどで、そのまま食卓にのぼりがちですが、気を付けたいポイントがあります。

キャンディーチーズをあげる時に気を付けたいポイント

それは、

「そのまま与えない」

ことです。

 

ちょうど気管に詰まりやすい大きさで、溶けにくいものなので注意が必要です。

飴や餅だけでなく、キャンディーチーズやぶどう、プチトマトなども詰まらせやすい食材です。

与える時は、1/4に切るなどひと工夫や、しっかり噛んで食べているか見守ってあげることが大切です。

 

【関連記事】

【こどもの窒息事故予防】気を付けるべき食材  

潰してはんぶんこ!で楽ちん

娘も大好きな「アンパンマンチーズ」

 

 

このままあげるのではなく、

 

手のひらでグッと押しつぶして、

 

 

平べったくしてあげています。

平たくすると簡単にはんぶんこできます。

 

注意書きは、商品パッケージだけでなく、中身の1つ1つに書いてありますね。

 

わざわざ包丁やキッチンバサミでカットしなくても、リスクを減らせます。

キャンディチーズをあげるときは、ぜひ試しください。

 

 

 

     

お名前.com

無料のプロカメラマンベビー撮影会

業界屈指の店舗数とノウハウで起業を 【グロービート・ジャパン】  


↓ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です